[戻る]
■ もっともっといばらき リポート83 産総研 サイエンス・スクエアつくば(2)2007. 3.27

訪問日;2007.3.24

産総研サイエンス・スクエアつくば」は地質標本館のすぐ隣り。いや、同じ敷地内で、歩いていける。ここも 「つくばサイエンスツアー・スタンプラリー」の参加施設。去年の産総研一般公開で来て、今回2度目の訪問。そのときはもちろん、人人人でごったがえし。
そういや、あのときは「つくばちびっ子博士スタンプラリー」と「開業1周年!TXわくわくスタンプラリー」の2つのスタンプラリーに参加してたなあ。

入館の受付を済ませ、産総研開発のアイミュレットを借りる。耳に入れると案内の音声が流れるってヤツ。人数分、無料で貸してくれるんだよね〜。
ソーラーパワーで動く優れもの。パネルの前に立つと、音声が流れ始める。こりゃあ便利だわ。

一般公開のときに一通り見たけど、音声ガイドに感激しながらもう一度見る。

一番のお気に入りはやはりアザラシ型ロボットの「パロ」。ギネスにも載ってる。
動物を使うアニマルセラピーが人の心を癒す効果絶大なのはわかっているけど、どうしてもアレルギーや人を噛んじゃうなどの問題点もあって、それを解決するのがこの「パロ」なんだとか。
かわいがるとうれしそうな顔をして、ひげを触ると嫌がる。
生きてるみた〜い。
それに、か〜わいいもんね。
子ども達はこの場所を離れないもん。他のファミリーが来たので、やっと放す。

一般公開の時には稼動していたロボット達もこの日はお休み。受付の方にお願いすれば体験させてくれるようだけど。
今日は大画面のモニターに映るロボット達の活躍を見て終わり。
特におもしろいと思ったのは「合体変形ロボット」。2本の棒状のロボットがいろいろな形をとったり、2つ合体したり、キャタピラのように動いたり。人が入れないところに行って活躍するんだって。

そういえば、一般公開のときに歩行実演をした「恐竜型2足歩行ロボット」はいなかったなあ。どこかに貸し出し中か???

ここの施設には未来の技術がた〜くさん。ここの最先端の技術が、近い将来、み〜んなの生活を豊かで便利なものにしてくれるんだろうね。
また見に来よう!!!