[戻る]
■ もっともっといばらき リポート109 産総研 サイエンス・スクエアつくば(3)2007. 8.26

訪問日;2007.8.24

産総研 地質標本館」の化石クリーニングを終え、同じ敷地内の「産総研 サイエンス・スクエアつくば」に行く。ここでも「つくばちびっ子博士」のスタンプ、押せるからね。一般公開で押したから2個目になるけど。

ここでもアイミュレットを借りて見学。というより、受付するともれなく渡される。

癒し系ロボット「パロ」はお休み中2体とお食事中1体。動いているのはいなかった。

「コンピュータが英語の発音を詳しく指導」は何回も言い直しさせられた。トホホ。速いとダメ?ちょっとゆっくり言ったらOKだった。

「色彩コンフォートメータ」。快適感を数値で表す。部屋や街並みなどの色の組み合わせを考えるときに、人間の心理特性を組み込んで人間の快適感を数値で示すんだって。客観的な快適度を測るわけだ。おもしろいね。

「合体変形ロボット」。
変形して移動するモジュール型ロボット。
モジュール型ロボットというのは、基本単位であるモジュールを組み合わせて構成するロボットのことなんだって。
このモジュール、お互いに位置や接続関係を変化でき、さらにそれぞれが頭脳を持っていて、お互いに情報を交換できる。すげ〜、優れもの!
状況に応じて変化自在!故障しても、故障箇所のモジュールだけ切り離して再構成できるんだってよ。すごいね〜〜〜。

産総研のいろいろな優れものたちが集まるこの「サイエンス・スクエアつくば」。
一般公開のときもいいけど、すいてるフツーの日に来てゆっくりみるのもおすすめだよね。アイミュレットも借りられるしさ。