[戻る]
■ もっともっといばらき リポート112 げんでん東海テラパーク(2)2007. 9. 1

訪問日;2007.8.25

日立-東海サイエンス通り第13回夏休みスタンプラリー」、3館目は「げんでん東海テラパーク」。

受付をし、クイズの問題用紙をもらい、原子力展示ホールを見学。
原子力発電の歴史、最新の安全管理システム、未来の原子炉についての展示で、模型や映像が見られる。地球の環境問題も取り上げている。

展示ホールを出るとサイエンスプレイランド。
自転車をこいで発電するマシンやフーコーの振り子など、科学おもちゃがある。
コイルで発電するマシンは、ボールがコイルの中を通過すると発電するしくみ。

外のアトムガーデンは、大勢のファミリーでにぎわっていた。パラソル付きテーブルがいくつもならんでた。ジャブジャブ池は水浴びする子ども達いっぱ〜い。ジャングルジムやブランコなど、ちょっとした遊具もある。
テラハウスと名づけられたログハウスは、中に絵本などもおいてあって、子ども達が出入りしている。
原子力についても学べ、科学のおもちゃで遊び、外遊びも満喫できる、そんなおもしろい施設です。近所なら毎日来たりして。

スタンプラリーのクイズを解いて、受付に持っていき、丸をつけてもらう。3館目なので、賞品GET!
あと2館、がんばるぞ〜。