[戻る]
■ もっともっといばらき リポート114 日立シビックセンター科学館(2)2007. 9. 3

訪問日;2007.8.25

日立-東海サイエンス通り第13回夏休みスタンプラリー」、最後は「日立シビックセンター科学館」だよ〜。

地下の駐車場に車を止め、チケットを購入する。
大人は「漫遊〜」のクーポンで科学館だけ割引、子どもは学校でもらってきた「子どもフリーパスチケット」で科学館も天球劇場も無料に。

天球劇場は9階。ここのエレベーターはスペースシャトルを思わせるんだよね。

14時からの天球劇場は「アースストーリー〜恐竜の進化とヒトの未来〜」。3Dメガネをもらい、入場する。
今日の星空のライブトークがあり、その後「アースストーリー」へと入る。
恐竜は、なぜ巨大化できたのでしょう?
ヒトは、どうしてこれほどに繁栄したのでしょう?
これらが「アースストーリー」のテーマ。
38億年前に地球に生命が誕生し、たった1個の生命が、多細胞になり、・・・。そして、恐竜は絶滅したのではなく鳥へと進化した・・・。などなど。
途中3Dのメガネをかける場面もあった。
あ〜、だけど、ナレーション、眠くなる〜〜〜。て〜っきり榎本明さんかと思った。忌野清志郎さんでした・・・。

科学館は夏の特別展として「恐竜たんけんランド」開催中。これにあわせて、恐竜関係のいろいろなイベントも行われている。トリケラトプスやケラトプスの全身骨格標本や始祖鳥の化石レプリカなどの展示もあり。

まずは化石発掘体験。1回300円を支払って、熊手と皿を受け取る。砂を掘ってアンモナイトの化石を発掘するという体験。5個、掘れるのだ〜〜〜。
で、5個掘ってスタッフのお姉さんに渡すと、好きなの1個お土産だよ!!!
あ〜、5個全部じゃないのね、そりゃそうか。
って、看板に1個お土産って書いてある〜〜〜!!!

次は恐竜のペーパークラフト。1回50円。
色を選んで、紙に書いてある線にそって切っていく。
切り終わったら、点線に沿って折る。
で、台紙をもらい、それに貼る。
最後に色を塗ったり、名前を書いたりして終了。
飛び出す絵本のようになる。

ぬりえコーナーやトリケラトプスのダンボールすべり台は無料で利用できる。

指のレプリカづくりは子ども達興味を示さず。

ドリームライド「ブル」は3歳以下、心臓の悪い方、などなど、搭乗制限あり。
それもそのはず、ゆれるゆれる。頭ぶつけるし、気持ち悪くなるし。
椅子みたいなのに座って恐竜の世界を旅するんだけど・・・。

常設展の中のパズルコーナーで「ハノイの塔」発見。6個のもある。
東海村の「原子力科学館」といい、「ハノイの塔」、最近流行り???パズルの定番なんでしょうか???
「ペントミノパズル」。これはちょっと難しくてクリアできなかった。

そうそう、肝心のスタンプラリーのクイズ〜〜〜。
常設展の中からクイズを探し、答える。
スタッフの方に丸をつけてもらい、5館目なので賞品をもらう。パズルだよ〜。
今年もスタンプラリー、クリアできてよかったなあ。
いや、来年はもっと早く、8月に入ってすぐに来たいなあ。

最後に地下1階の情報プラザカウンターで「漫遊〜」のスタンプを押す。
そして駐車料金を精算し、・・・。
1時間200円、その後は30分ごとに100円。
シビックセンターは駐車料金がなあ・・・、痛いなあ!!!