[戻る]
■ もっともっといばらき リポート115 つくばリサーチギャラリー(3)2007. 9. 4

訪問日;2007.8.26

つくばちびっ子博士」、現在スタンプの数12個。あと6個押さないと最優秀ちびっ子博士ねらえない。
で、三日連続お出かけでちょっと大変だけど、つくば〜、行くよ〜。子ども達、たたき起こす!

最初は「つくばリサーチギャラリー」。リサーチギャラリーは各研究機関の研究成果を発表するところ。

受付を済ませ、・・・。あれ、いつものクイズは???
「ちびっ子〜」のスタンプを押す。

まずは水産総合研究センターの展示ブースへ。パソコンでおさかなクイズにチャレンジ。おさかな獲り名人の認定書を発行してくれる。名前と日付入りで。

続いて、8月の頭に「ちびっ子〜」で行った「花き研究所もっともっといばらきリポート105)」と「果樹研究所もっともっといばらきリポート104)」の展示ブース。
花き研究所のブースでは、花持ちの優れるカーネーションの新品種の紹介やバラの品質保持剤の紹介など。
そして果樹研究所のブースでは、渋皮が簡単にむける「ぽろたん」やくだものを毎日200グラム食べよう運動の紹介など。

食品総合研究所の展示ブースではいろいろな研究成果が展示され、横のパソコンでは「めざせ!食物博士」というクイズにチャレンジ。
これが結構難しい。子ども向けでもよくわからん。

野菜茶業研究所のブースではトマトの溶液栽培法の紹介と、「べにふうき」というお茶の紹介。
トマトの溶液栽培法は、トマトが必要な窒素成分を毎日適量与え、他の成分を常時一定濃度に保つというもので、栽培終了時に培養液に窒素が残らず、この溶液を捨てても土壌や河川を汚さないんだって。環境にやさしい栽培方法なんだ〜!すごいねえ。
「べにふうき」はアレルギーに効く成分が入ったお茶。メチル化カテキンという物質がいいらしい。花粉症などのアレルギーを予防するといわれる。
で、これを使った抗アレルギー飲食品が開発されているんだけど、アサヒ飲料と共同開発した「べにふうき緑茶」、アサヒビールの工場見学をしたとき、お土産に頂いたよ〜〜〜。

いろんな研究が進められていて、私たちの生活をより快適、便利、豊かにしてくれている。研究者の人たちって、すごい!!!