[戻る]
■ もっともっといばらき リポート121 JAXA 筑波宇宙センター(4) その12007.10.25

訪問日;2007.10.20

待ちに待ってた「JAXA 筑波宇宙センター」の特別公開。
早起きして出かけたよ。

10時の開場に間に合うように行くと、すでに車も人もた〜くさん。そして車があとからあとから入ってくる。歩きや自転車も多い。

総合受付でパンフレットなどをもらう。
イベントマップ&スタンプラリー用紙を見ながら、いざスタンプラリーへ。今回はクイズラリーがない!?え〜、スペースシャトルの風船なし???

スタンプ設置ケ所は5ヶ所。
まずE−2広報・情報棟前のロケット広場でスタンプを押す。

この広場で「JAXAクラブ」の会員募集のチラシを配りながら「あちらで検定クイズやってます。参加賞もありますよ。」
当然行く。会場は広報・情報棟の中。
「JAXAクラブ JAXA宇宙検定」とかかれたカードをもらい、プロジェクタで映し出された画面を見ながら正解だと思う答えにチェックを入れる。スタッフのお姉さんがまず問題を見せ、ヒントをくれて、すぐに答えも表示される。カードにも問題と答えの選択肢が書かれているんだけどね。
筑波宇宙センターの広さは、・・・。「きぼう」日本実験どうの船内実験室の大きさは・・・。など。
5問全問正解すると「JAXA宇宙検定認定証 名誉会員」がもらえる。でも、まあ参加賞のJAXAクラブオリジナルメモパッドの方が子どもにはうれしいかな。
検定会場内では真空の実験もやっていて、それを見学し、化学実験のパンフレットをもらった。

検定会場を出て売店に入ると、なんと、ディスカウントセールになってる〜〜〜。5〜10%ぐらい安くなってるよ〜〜〜。4月に来たときは売店に入らなかったからわからなかったけど。特別公開の日に買うとお得なのね!!!

続いてはE−5の追跡管制棟でスタンプを押してもらう。
ここでは「筑波から追跡極のあんてなを動かしてみよう!」というイベントをやっていたけど、1時間おきに各回抽選で6名なので展示を見ただけで出てくる。

次のスタンプ設置場所S−6へと歩いていくと、途中、C−3の構造試験棟前で、液体窒素の実験中。バラやマシュマロを凍らせたり、凍ったバナナで釘を打ったり。これって結構あっちこっちでやってるけど、何回見てもおもしろい。一度この手でバナナ釘打ちをやってみたいけど、なかなかチャンスが無い!
それからその実験の隣りで、「くねくね定規」という実験。振動についての実験だった。
C−3の中では「ロケット音響」。爆音が鳴り響いていた。まあ、臨場感あふれるロケットの発射音を体験できる。



つづく >>