[戻る]
■ もっともっといばらき リポート165 げんでん東海テラパーク(3)2008. 8.23

訪問日;2008.8.10

3つめの「日立−東海サイエンス通り 第14回夏休みスタンプラリー」は「げんでん東海テラパーク」。

受付をし、スタンプラリーのクイズの問題をもらう。

1問目は展示ホールから。
東海発電所の運転が始まったのって、もう40年以上も前なんだね。日本初の原子力発電所なんだって。でも、平成10年で運転を終え、今は東海第二発電所の方が稼動しているようです。

2問目はサイエンスプレイランド。惑星に関する問題。
ああ〜、このパネル、冥王星が載ってるね。

サイエンスプレイランドから外に出ると、そこはアトムガーデン。じゃぶじゃぶ池では子どもたちが大勢水浴びをしている。暑いもんねえ!

eまなびコーナーの前にあるテーブルに、何やら群がる子どもたちがいる。
シンチレーションサーベイメータ、っていうので何かやっている様子。
シンチレーションサーベイメータって何?
どうやら放射線を測る機器のようです。被爆地で白い防護服を着た人たちがこれをもって放射線を測ってる、映画のワンシーンが思い浮かんだけど、そんなやつかね。

ふと、掲示板を見ると、“いばらきキッズクラブ”のポスターが。
ああ、ここって参加施設だった。

受付でクイズに丸を付けてもらい、子どもたちはスタンプを押す。
3館目なので、ラリーの賞品をゲット!
それから“いばらきキッズクラブ”カードを提示して、記念品も頂いた。ボールペン2本!
村内の社会福祉施設の方々が育てたという夏菊もいただいた。仏様にあげよう!

外に出ると、リサイクル製品の展示がある。発電所で利用されていた金属やコンクリートを再利用しているもの。えええ!!!大丈夫なの???
インターネットで調べた。
クリアランス制度っていうのがいつの間にか決まっていて、それに基づいて東海発電所で使用されていた資材等を工場で溶融してベンチなどに再利用するというもの。溶融の際に放射能って出ないの???
詳しくは次のサイトへ。
ヒバク反対キャンペーン”>ヒバク規制緩和に歯止めを>クリアランス制度

施設に遊びに来て、こんなこというのもなんだけど、被爆や事故など、考えるとね。放射線の医療への有効利用はわかるけどさ。地球温暖化をストップするためにも火力より原子力、って話になっている。んんん、太陽光発電、日本は世界最先端だったんだよね。そっち、力入れないのかね。

さあ、東海村の3施設のスタンプを押し、次は日立市に行くよ!