[戻る]
■ もっともっといばらき リポート172 つくばエキスポセンター(5) その12008.10. 7

訪問日;2008.10.4

運動会も終わり、ホット一安心、って思ったら、家族次々と風邪を引く。
やっとお出かけ出来た!!!ひと月ぶりだあ!!!

で、早起きして、「つくばエキスポセンター」にお出かけしたよ。
久々にプラネタリウム見たくってさ。秋の一般番組は「月への道〜アポロからかぐやへ〜」。貴重なアポロの映像と「かぐや」による高解像度の最新データが見られるっていうじゃない!見ないわけいかない!!!

と、上映は12時50分からなので、それまで館内いろいろ遊ぼう!

産総研の展示があって、“パロ”もお目見え。
ムムム、これは英語の発音をチェックするヤツ。チャレンジ!
最初の音が長いです。口をもっと横にあける感じに。
と、コンピュータの指示に従ってトライし、やっと合格!
チェックできる単語の数は5つぐらいだけど、おもしろいよ、これ。もっといろいろな単語の発音を練習して、英語のブラッシュアップを図りたいね!

今まで何回か来ているのに、まだ見たことがなかった“THE DEEP SEA ADVENTURE”とタイムマシンバス“サンクルーザー”。両方とも整理券をゲットしたよ。
“THE DEEP SEA ADVENTURE”は、日本で開発された潜水調査船“しんかい6500”(の模型)に乗って、深海の世界の珍しい映像を見られる、というもの。水深が深くなるにつれ、映し出される深海の様子やそこの生物も変わっていく。
深海の生きものって、結構ウゲっていうのも多いよね。
この上映は7分程で終了するので、すぐそばのタイムマシン“サンクルーザー”の上映時間に間に合う。
こちらは搭乗してシートベルトを締める。で、入口で渡された3Dメガネをかける。
内容は“太陽への旅”。サンクルーザーは映像に合わせてガタガタ動く。右に倒れたり、左に傾いたり・・・。
こちらも7分程で上映は終わる。

“Atomic Energy World”は原子力の過去・現在・未来をのぞけるタイムカプセル。
未来の原子力を見てみようっと!
原子力はクリーンなエネルギー。二酸化炭素を出さないので、地球温暖化防止に役立つ。しかも、石油よりもウランの方が少ない量でたくさんのエネルギーを得られる、云々。
原子力発電のいいとこいっぱい宣伝する内容でした。
まあ、二酸化炭素を出さない、ってことで、地球温暖化防止策として、当面は原子力発電に力を入れる、っていうのはわかるけど、やっぱり安全性の面がねえ!チェルノブイリ、JCOの事故、・・・。
それに、日本は被爆国だしねえ。
将来的にはクリーンで安全なエネルギー、太陽光発電がいいんでないかね。
少ない資源でたくさんのエネルギー、なんて原子力発電はいうけど、太陽光は無尽蔵だよ。タダだし。
スペインあたりはアンダルシア地方で巨大な太陽熱発電所が稼動している。やっぱこっちだべ。
日本は2005年には太陽光発電世界シェア47%だったのに、2007年には20%台前半にまで落ち込んでいる。補助が打ち切られたかららしいが、今年の6月、当時の福田首相が福田ビジョンを打ち出し、「太陽光発電世界一の座を奪還するため、導入量を20年までに現在の10倍、30年までに40倍に引き上げる」と宣言し、補助政策も復活させる。やっぱ太陽の時代だっぺ!

その他、“エルドラドの財宝を探せ!!”で、財宝を探しながらさまざまな色の発光ダイオードを使ったり、“科学遊園”で風と遊んだり。

この週末は第52回茨城県児童生徒科学研究作品展・発明工夫展県南地区展が開催されていて、こちらものぞいていく。
発明工夫展は1階奥のセミナー室。おもしろいアイディアにへえ!!!
科学研究作品展は2階。なんでだろう、と湧き上がった疑問に答えるべく、何度も何度も実験し、細かくデータをとり、疑問を解決していく。見事な“研究”に、こちらもへえ!!!きっと夏休み中かかったんだろうなあ、っていう大作ぞろい!


つづく >>