[戻る]
■ ちょっぴり県外26 宮坂考古館(山形県米沢市)2009. 8.17

訪問日;2009.08.08

「宮坂考古館」。米沢行きが決まったのはここにこれがあったから。
上杉謙信や直江兼続の甲冑などに混じって、ここには“前田慶次”の甲冑が展示されている。
うちの子、見たい!!!
あああ、慶次の大ファンだもんね。

我々いばらキッズ&ジュニアの親世代は、少年ジャンプに掲載されていた“花の慶次〜雲のかなたに〜”を愛読していた人も多いはず。
天下御免の傾奇者。立派な体格で文武両道ときている。原哲夫氏の劇画調の絵がこれまたいい男度をアップさせている。
最近では“パチンコCR花の慶次”が有名かな?

ここも3館セットの割引チケットで入館。子どもの分だけここで支払う。

こちらの館も中は撮影禁止。
ほら、慶次の甲冑あったよ。よ〜く、目に焼き付けておくんだよ!これ見たさに、新潟はやめてわざわざ米沢まで来たんだから。
兜は編笠形、肩当は裃のように横に張り出し、袖は金色の鱗形、そして最も目を引くのは朱漆塗の胴。派手だなあ!でも見た目の華やかさだけでなく、籠手や佩楯は総鎖繋で実戦用なんだって。さすが、慶次!

第二展示場には火縄銃の展示。そして、原哲夫氏の新装版“花の慶次”全15巻とともに、リトグラフ(原画)も展示されている。ファンにはたまんないよねえ。必見だよねえ。

前田慶次は、兼続が、いや上杉景勝が米沢に領地替えになったのをきっかけに傾奇人生から足を洗い(?)、兼続の藩政立て直しに手を貸していく。
今後、大河ドラマ“天地人”に絡んでくるはずだけど、いったいどなたが演じるのでしょう。阿部寛さん演じる上杉謙信は“花の慶次”とダブるんだけど!