[戻る]
■ もっともっといばらき リポート234 原子力機構アトムワールド(4)2009. 9. 5

訪問日;2009.08.25

夏休みも終わり近く、「日立−東海サイエンス通り 第15回夏休みスタンプラリー」に参加したよ。毎年8月に行われるこのスタンプラリー、我が家の参加は今年で4回目。5つの施設を回ってクイズを解き、スタンプを押してもらう。3館のスタンプで賞品が1つ、5館達成するとさらに賞品が1つもらえる。
もっと早い時期に行くつもりだったんだけど、予定していた頃に台風の影響で大雨、しかも日立辺りで冠水していてね。こんな時期になっちゃったよ。

東海村、「原子力機構アトムワールド」から行くよ。

受付をし、スタンプラリーの台紙と問題をもらう。ここは、日替わり館内クイズラリーもあって、こちらの問題ももらう。
さあ、展示を見ながらクイズに答えていくよ。

スタンプラリーの問題の一つは、“高速増殖炉もんじゅの炉心水平断面模型”から。炉心制御集合体は何本あるか。もう一問は“ウィルソン霧箱”から。白い煙みたいなのは何か?
クイズラリーは、作業員が付けている放射線を測るバッジはどれか。東海村の村花はどれか。など、5問。
どれも展示を見ればわかるものばかり。でも、クイズがあると、展示をよく見るよね。

クイズを解きながら、“マニピュレータ”で積み木をしたり、去年に引き続き“きゅうばんタロー”でボールをGETしたり。
“きゅーばんタロー”はボールを受付に持っていくとご褒美があるんだよ。何がもらえるかな?ボールをもう一個GETしたくって、何回もチャレンジするも、残念な結果が続き、1個で断念した。

ファミリー館3階のサイエンストイテーブルの科学おもちゃは新しいものも加わる。
エネルギージャンピングやエネルギースプリンターにも挑戦。
それからパソコンもあって、クイズにチャレンジしたり、バウムクーヘン工場のビデオを見たりした。おもしろいよね。工場見学!
こんな早い時間から来ているファミリーは他にいないので、貸しきり状態!

ファミリー館2階は原子力展示物巡回展“電気をつくろう”開催中。使った燃料をリサイクルしたり電気をおこしたり、といったゲーム機(?)が数台置いてあって、子どもといっしょにチャレンジ。なんか操作がよくわかんないものもあった。

1階の受付で、スタンプラリーとクイズラリーのクイズに丸をつけてもらう。
スタンプラリーは台紙にスタンプを押してもらい、クイズラリーはオリジナルのメモパッドを頂いた。
それから“きゅーばんタロー”でGETしたボールを見せ、こちらもご褒美を頂いた。携帯電話ケース。よかったね。

さあ、次行こうかね。