[戻る]
■ もっともっといばらき リポート247 ミュージアムパーク(11) その12009.10.25

訪問日;2009.10.24

今月10日から開催されている 「ミュージアムパーク」の第47回企画展「わんだふる・ベジタブル−野菜王国がやってきた−」に行ったよ。
ビタミン・ミネラル・食物繊維たっぷりで私たちを健康に保ってくれる野菜。日ごろからお世話になっている野菜たちの素顔、どんなんでしょう!と、そんなに健康云々の話ではございませんでした。そりゃそうか!

企画展入口には世界のカボチャが勢ぞろい。大きいの小さいの、深緑色のやオレンジ色の、ひょうたん型のもある!
そして野菜の被り物も!子どもたちぜ〜んぶ被って記念撮影!

第1部“野菜とは”。
ここでは野菜を“科”ごとに分け、標本や写真が展示されている。
アカザ科、アブラナ科、バラ科、マメ科、ウリ科、・・・。日本では約140種類の野菜が流通し、約30科に含まれている。そのうち15科が紹介されている。

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、カブ、ダイコン、ハクサイ、チンゲンサイ、コマツナ、ノザワナ、・・・。これ、み〜んなアブラナ科の野菜。見た目は全然違うものでも、花や種、葉っぱが似ている。キャベツやブロッコリーを収穫しないで放っておくと、芯が伸びてきて花びら4枚の黄色い花を咲かせるし、種も丸くて小さいのが生る。ダイコンは白い花だけどね。
そしてこれら野菜として食されているもののほか、野生に見られるナズナもアブラナ科の植物。

ホウレンソウはアカザ科の野菜で、葉っぱが確かにアカザに似ている。コマツナとダブるけど、コマツナはアブラナ科。
サツマイモの花はヒルガオみたいで、これはヒルガオ科。
ジャガイモの花はナスの花に似ていて、これはトマトやピーマンなどと同じナス科の植物。
マメ科の野菜はスイートピーみたいな花を咲かせる。
イチゴはバラ科で、グループの中では唯一野菜とされている。イチゴの花はあの豪奢なバラとは全然違うように見えるけど、ハマナスなどの原種に近いものに似ている。
ウリ科の野菜も多い。カボチャ、キュウリ、スイカ、メロン、・・・。蔓性の植物で、黄色い花が似ているよね。キュウリとメロンの種もとっても似ている。

一番驚いたのはキク科の野菜。ゴボウやレタスがこれに含まれる。
ゴボウの花って見たことなかったけど、ノアザミみたいな花が咲くんだね。それからレタス。形はキャベツみたいだけど、タンポポに似た花を咲かせる。
ノアザミもタンポポもともにキク科の植物。へええええ!


つづく >>