[戻る]
■ もっともっといばらき リポート187 産総研 地質標本館(8)2009. 2.16

訪問日;2009.2.14

つくば植物園」を出て、「産総研 地質標本館」へと向かう。確か企画展「地質情報展2008あきた 発見・体験!地球からのおくりもの」をやっているはずだ!

駐車場から館へ向かう途中に、何やら塊が!!!こんなのあったっけ???
解説の看板を見ると珪化木(けいかぼく)と書いてある。珪化木は土中に埋まった木が地下水に含まれる珪酸(けいさん)に置き換わって化石になったもの。「つくば植物園」にもあるよね。珪酸はガラスと同じ成分。ここに設置してあるのは北海道の美唄(びばい)炭田のもので、約4,000万年前の地層から見つかったんだって。
2008.7.24.作成とある。んんん、前回来たときあったんか???気づかなかったなあ。

館内で受付をし、ふと、横を見ると折り紙で作った恐竜。子供たちが興味を示すと、受付のお姉さんが折り方レシピ、下さった。ラッキー!!!それから折った恐竜も頂いた。家で折ろうね。

で、企画展は・・・。パネル展示を見る。いつもは置いてあるパンフレットはない。
東北地方の砂や地熱発電のことなど。
それから床には東北地方の地図が2種類あり、立体メガネやプリズムメガネで見ることができる。

さて、展示室、行きますか。
第一展示室はいつもどおり。
で、2階の第二展示室も見て、第三展示室も見て、1階に下りよう。
と、その階段へと続く廊下部分に、青柳鉱物コレクションが展示してある。ああ、やっぱり、鉱物ってきれいだね。カメラも良くなったことだし、写真を撮ろう。

子供たちは、横にあるパソコンルームでクイズにチャレンジを始める。地質一般、地震、化石などのジャンルに分かれ、1回に5問ずつ出題される。
結構難しい!って声が。
どれどれ、展示を良く見ていれば分かるんじゃない。
と、チャレンジするも、5問中2〜3問しか正解できない!ひえ〜!
まあ、ここでクイズにチャレンジして、できなかった問題をもう一度展示室で探してみるっていうのはどう?

最後に1階に下りて、第四展示室を見学した。

さあ、隣の「サイエンススクエアつくば」でパロに会って来よう!