[戻る]
■ もっともっといばらき リポート214 つくばエキスポセンター(6) その12009. 7. 7

訪問日;2009.06.28

つくば植物園」を出て向かった先は「つくばエキスポセンター」。午後からの“ミーツ・ザ・サイエンス”に申し込んでいるのさ。だって、今回は乾燥ウミホタルがもらえるっていうじゃな〜い!!!楽しみ!

漫遊いばらきスタンプラリー」のクーポンで団体料金で入館し、スタンプを押す。お得でいいねえ。

“ミーツ・ザ・サイエンス”の会場は2階の多目的ホール。受付をし、乾燥ウミホタルの実験セットと標本をいただいた。これまた、いいねえ。
会場内はほぼ満席。半分ぐらいは小中学生かな。

“ミーツ・ザ・サイエンス”のタイトルは“発光生物のふしぎ−ノーベル化学賞下村脩先生の仕事を追いかけて−”。
講師はその下村先生とも親交の厚い、独立行政法人産業技術総合研究所ゲノムファクトリー研究部門主幹研究員の近江谷克裕(おおみやよしひろ)氏。
近江谷先生は“ホタル”の発光を主に研究されているのかな?講演は中国での研究成果などから始まる。

生物が光るのは敵を撃退する目的であったり、相手を引きつける目的であったり、・・・。
人を魅了してやまない光。少しずつ、その発光の仕組みがわかってきている。

発光というのは、ルシフェラーゼという酵素がルシフェリンやATPという物質を材料に起こる化学反応で、熱のない冷たい光、冷光(れいこう)なんだって。
ルシフェリンはいろいろ種類があるとか、その種類の違いで発光の色も違うとか。ホタルイカなどはルシフェリンとルシフェラーゼを別々の袋にもっていて、イザという時混ぜて使うとか。
いろいろ説明を聞いたが、難しくてよくわからん!!!

で、調べたら以下のとおり。

ルシフェラーゼは“発光バクテリアやホタルなどの生物発光において発光物質が光を放つ化学反応を触媒る作用を持つ酵素の総称”。ルシフェラーゼは基質特異性というのを持っていて、ある発光生物のルシフェラーゼはその生物のルシフェリンにしか反応しないらしい。
ルシフェリンは“ルシフェラーゼによって酸化する発光物質の総称”。ホタルルシフェリン、バクテリアルシフェリンなど5つある。下村先生はウミホタルから抽出したルシフェリンを初めて結晶化に成功した人なんだって。しかも今から50年以上も前に。
ATPはアデノシン三リン酸・地球上の全ての生物のエネルギー源として存在する化学物質のこと。

ホタルはホタルルシフェリンという発光物質がルシフェラーゼを触媒としてATPと反応し、発光する。ホタルイカやウミホタルもルシフェリンとルシフェラーゼによる発光。ホタルと種類は違うけど。

ところが、オワンクラゲはイクオリンという発光するたんぱく質がカルシウムイオンと結合することで発光する。この仕組みは下村先生が発見した。
そして、GFP(緑色蛍光たんぱく質)も発見。イクリオンがエネルギーを吸収して青色蛍光を放出し、これをGFPが受け取って光る、という仕組みらしい。
下村先生はこのGFPというたんぱく質も、50年も前に世界で始めて発見している。そしてこの偉業に対し、ノーベル賞が送られたんだって。

GFP遺伝子を体内に取り込むと、細胞内で蛍光を発するたんぱく質になり、緑色の光を発光するネズミなどを作ることができる。そして生きた細胞内での物質の動きが観察でき、たくさんの生命現象を解き明かすことができる。とってもお役立ちの発見だったわけだ!

そして、今やこのGPFを進化させ、人工蛍光タンパクが作られている。赤、青、紫、・・・。これにより、目的別に細胞を色分けすることが可能となった。

まあ、こんな感じだったかな。
以下参考サイト。
Wikipedia;
  生物発光
  ルシフェリン
  ルシフェラーゼ
  アデノシン三リン酸(ATP)
  ホタル
  イクリオン
  緑色蛍光たんぱく質(GFP)
The Daily MOLECLES
有機って面白いよね!!

講演で一番面白かったのは、やはり発光の実験。
まずは先生が乳鉢でウミホタルをすりつぶし、照明を落としてから水を加えて発光!青白く光る。
そして、自分たちも実験。キットの中のミジンコみたいな乾燥ウミホタルに水をいれ、綿棒で混ぜるとこれも青白く光る。面白〜い!!!

それからGPFにブラックライトを当てて光らせる実験を観る。人工蛍光タンパクが虹色になっていてきれいだねえ。

今後、私たちの生活にどう役立っていくのか。
GFPの利用は前述のとおり。
そしてもう一つ。ATPはあらゆる生物に存在し、ルシフェリンとルシフェラーゼを添加すると必ず発光する。つまり、“何かがいる”とそれに反応するわけだ。この仕組みを用いて、細菌の有無を調べる、ルシフェラーゼ衛生検査システムが病院や食堂、食品工場などで用いられているんだって。

ちょっと難しいお話でしたが、科学ってものすご〜く、私たちの生活に役立っていることが改めてわかってすごいなあ〜と思った。有効利用の科学はどんどん発達してほしいもんだ。
それにしても、科学者ってやっぱすごい!
そして、熱心にメモを取りながら講演を聴いている子もいて、これもまたすごい。
オイオイ、うちのは・・・メモなしかい!!!


つづく >>