[戻る]
■ もっともっといばらき リポート215 ミュージアムパーク(10) その12009. 7.14

訪問日;2009.07.12

ミュージアムパーク」では、第46回企画展「姿なき化石−足あとから過去をひも解く−」開催中。

今年は「漫遊いばらきスタンプラリー」のクーポンは使えず、「常陽藝文」のチケットで割引入館したよ。

入口すぐのところでは、大小2頭のカルノサウルスが歩いた跡。ガラスの上を歩いて、カルノサウルスになった気分!?

展示は5部構成。
第1部は“生命の痕跡”。
生物の体そのものの化石ではなく、足跡や巣穴、摂食の跡、糞などが化石になった生痕(せいこん)化石が数多く展示されている。これらの生痕化石は過去の生物の行動や生活を把握するのに役立つんだって。
模様にしか見えないような跡もあるんだよね。


つづく >>