[戻る]
■ ちょっぴり県外21 環境エネルギー館(神奈川県横浜市鶴見区)2009. 7.22

訪問日;2009.07.19

トゥイニー・ヨコハマ」を出て、鶴見川を渡って「環境エネルギー館ワンダーシップ」に到着。船の形をした建物は東京ガスの無料施設。

駐車場から入口に向かう途中、変な物体が!何だろう?
受付のところに、外の奇妙な物体の答えがあった。

現在ワンダーシップ夏まつり開催中。エントランスホールでは“いきものおめんづくり”という工作コーナー。まあ、小さい子向けかな!それから屋台なども出ていて、夏まつり気分。

4階まで一気にエスカレーターを上ると、ワンダーシアターの特別上映“サヨナラみどりが池”の最終上映が始まろうとしていた。“特別”という言葉に引かれ、入ってみる。
池が埋め立てられ、棲み処を奪われたカエルたちがお引越しするというお話でした。

5階まで階段で上がると、ワークショップ“ミクロの世界”が終了間際。顕微鏡で微生物を観察し、どういう風に見えたか、などを記録する。

6階の屋上はビオトープになっている。観察カードがあって、それを持ってビオトープを観察。ツワブキ、キズタはすぐに発見。キズタって、最初はハート型だけど、後で手の形になるんだって。へえ。
ヒイラギナンテンは2〜3回ビオトープを周ってみたけど見つからなかった。ハナイカダとシャリンバイという植物もみつからない。どこにあったんだろう。
風力発電、太陽光発電もある。風力発電はビオトープの池の水の循環に、太陽光発電はワンダーシップの照明などに使っているんだって。

再び4階に下り、ごみ問題や省エネなどについて遊びながら学べる。でも、混みすぎていてなかなか順番が周ってこなかった。
無料の施設で、ファミリーがお弁当もって一日滞在しているようです。