[戻る]
■ ちょっぴり県外46 東京国立博物館(3)(東京都台東区上野公園) その12010.11.21

訪問日;2010.11.20

また、来てしまいました。 「東京国立博物館」。
特別展「東大寺大仏-天平の至宝−」を観に。今年三回目だあ。

出土した瓦や、国宝の仏像や、ありがた〜いお経や、開眼の時に使用した筆・墨や、主に東大寺が所蔵している、数々のお宝を拝見させていただきました。
また、バーチャルリアリティー映像が上映され、目の前の巨大なスクリーンと天井に、平安時代末期に焼失した創建時の大仏殿やらなにやらが映し出され、盧舎那仏の背面も見ることができる。

期間限定の“光明皇后と正倉院宝物”では、象を表わした染物を屏風に仕立てた作品や、正倉院に納められている桂心、人参といった薬、墨画仏像が展示されてた。

ミュージアムショップで図録を買うと、この図録に東大寺のお坊さまがお言葉を書いてくださる。“円満”という字を書いてくださいました。
最後に1階ラウンジに設置されている“盧舎那仏(大仏さま)の右手実物大レプリカ”の前で記念撮影し、特別展は終了。

いらっしゃているのはご年配の方が多いです。子どもは数えるほどかなあ?
前回の特別展“中国文明”のときは夏休みだったからか?子どもたち、結構来てたんだけどなあ!子ども向けのスタンプラリーも前回は夏休みだからあったのかなあ?
まあ、あまり子ども向けではありませんが、日本の歴史や文化と仏教は深いかかわりをもっているので、この機会に、天平文化に触れてみてはいかがでしょうか?

本館に行くと、ワークショップ開催中。ハンズオン体験コーナー“日本のもようでデザインしよう”というもので、鏡やきものの柄をデザインする。自由に参加できる。参加費は無料!
丸い葉書か、着物の形をした葉書を頂き、テーブルに置いてあるスタンプを押していく。色鉛筆も用意されている。
子どもだけかと思いきや、外国人の女性の方も何人か参加されていた。


つづく >>