[戻る]
■ もっともっといばらき リポート265 産総研 地質標本館(11)2010. 3.23

訪問日;2010.03.20

年に1回の「地質標本館」での“第22回 自分で作ろう!化石レプリカ”に参加したよ。

産総研の入口で車を止め、番号札をもらいに行く。
ところが、住所、氏名、車のナンバーなどを記入して、駐車証をもらった。今までは「地質標本館に来ました〜!」っていうと、番号札をもらえたのに・・・。厳しくなったんだなあ!

地質標本館で受付をし、さらに化石レプリカの受付をする。
あまり混んでいないようなので、大人も参加!ラッキー!

時間になり、案内の人について、いつもの部屋に入る。
ビニールのエプロンをし、説明を聴く。
今回作るのは、生きた化石として名高い“イチョウ”と“メタセコイア”。
石膏の粉を入れ、水も入れて、割りばしで混ぜる。
よ〜く混ぜて、粉がなくなったら型に流す。
半分ぐらい入れて、トントンたたく。
泡が出なくなったら残りの半分を入れて、またたたく。
所要時間10分ぐらいかな?

出来上がるまで、館内を見学。
第4展示室は入れ替えか何かで見学できない。だから第1から第3までを見学する。

約30分で、化石レプリカが固まる。
受付に行ってできたての化石レプリカを受け取る。
それから、なんと、鉱物などの載ったしおりと立派な下敷をいただく。太っ腹だ


いつもの化石レプリカづくりだけど、コレクションがどんどん増えて、子供たちも満足。
家で色を塗ろうね。春休みになるし!