[戻る]
■ もっともっといばらき リポート294 日立シビックセンター科学館(5)2010. 8.11

訪問日;2010.08.07

日立・東海サイエンス通り 夏休みスタンプラリー”、最後の5館目は「日立シビックセンター科学館」。

スタンプラリーのクイズ、1問目は“パイプフォン”という楽器から。スリッパみたいなのでたたくと音が出る。2問目は立体絵画。この絵、変だよね。立体的に見えてる部分が実は凹んでいる。影を見るとわかるかなあ?
スタンプラリーのクイズの丸をつけてスタンプを押してもらい、賞品のLEDライトをGETした。

夏の特別展工作コーナー“オリジナル夜光キーホルダー”は1回100円。
長方形の夜光の板に、絵を描く。オリジナルの絵でもいいし、用意されているキャラクターを写してもいい。名前も書いて、板の形を整え、オーブントースターで焼いてもらう。で、ヒモをつけてもらって完成。板は焼くと縮む。絵が細かかったので、ゴチャゴチャになるかと思ったら、意外に大丈夫だった。

コーナーのすぐ後ろに“ブラックライトの部屋”があり、見本の“オリジナル夜光キーホルダー”が飾ってある。ブラックライトが点くと、緑色に光って見える。他の絵もあって、こちらもブラックライトで違う雰囲気の絵に見える。
もう一つの工作コーナー“きらきらブンブンゴマ”は以前作ったことがあるので、今回はやめた。

夏の特別展は“カラクリびっくりハウス”。“ブラックライトの部屋”もこの一つで、他に「カラクリ家具の部屋」「虹を作る部屋」などがあった。

これにて、“日立・東海サイエンス通り 夏休みスタンプラリー”は終了。今年も5館達成で、よかった、よかった。
地下1階のインフォメーションセンターで、 “漫遊いばらきスタンプラリー”のスタンプも押した。