[戻る]
■ ちょっぴり県外42 堂森善光寺(山形県米沢市)2010.10.13

訪問日;2010.10.10

田んぼアート稲刈り体験」(参照;ちょっぴり県外41 田んぼアート稲刈り体験(2))を終え、小野川温泉入浴券の“夢ぐり(ゆめぐり)”シールで温泉に浸かって汗を流し、さあ、帰っぺ!

っと、その前に、「堂森善光寺」に寄ったよ。ここには前田慶次の供養塔がある。

前田慶次郎は晩年、ここ米沢の堂森に“無苦庵(むくあん)”を構え、風流な隠居生活を送って没したらしい。で、堂森の人たちとの親交もあり、慶次を偲んで、昭和55年、ここ堂森善光寺に“前田慶次郎供養塔”が建てられた。

入ってすぐ、左手には“一夢庵”と名付けられた土産物屋さんがある。
その横には“慶次の力石”。?????これ何?????説明なし。ちからいし?りきいし?

正面には本堂。ここでお参りをする。
本堂とその右側の阿弥陀堂の間に、目指す“前田慶次郎供養塔”がある。
供養塔はあるけど、慶次のご遺骨はない。別のところに埋葬されたらしいけど、そのお寺が廃寺となり、行方は定かではないそうだ。おしい!
で、ここの供養塔に手を合わせて、南無〜〜〜!

阿弥陀堂のところでは記念撮影ができるようになっている。前田慶次マスコットキャラクターの“けーじろー”のイラストといっしょに写真が撮れる。原哲夫氏の漫画“花の慶次”とはえらく異なったキャラクターです。

“一夢庵”に立ち寄ってみる。
“花の慶次”の旗や灰皿が目に留まる。欲しい!!!でも、値段が書いてない。売り物じゃないんだ!!!売ってくれよ!!!
他によさそうなものもなく、“一夢庵”を出た。

チラホラと参拝客がある。お墓参りの人もいる。
参拝客は“花の慶次”ファンかなあ?だったら、“一夢庵”で“花の慶次”グッズも売って欲しいものです。
そういえば、 「田んぼアート稲刈り体験」に原哲夫氏来なかったなあ。忙しいんだろうけど、来てもうらうともっと盛り上がったかなあ?来られなくても、せめて限定グッズを売るとかすればよかったのにねえ。ここ、堂森の“一夢庵”でも、そういうの、売って欲しいよねえ。



※前田慶次って何者???っていう方は、以下のサイトへ。

米沢に前田慶次の足跡をたどる
米澤前田慶次の会
前田利益
花の慶次
一夢庵風流記