[戻る]
■ もっともっといばらき リポート347 茨城県近代美術館(3)2011.11.20

訪問日;2011.11.19

今年の茨城県民の日(11月13日)は体調不良でお出かけできなかった。2週間ぶりのおでかけは「茨城県近代美術館」からで〜す!企画展“ウルトラマン・アート!時代と創造−ウルトラマン&ウルトラセブン”が11月3日から開催されている。美術館のあちこちに、ウルトラマンのシルエットが!
漫遊いばらきスタンプラリー”のクーポンで、大人は団体割引。子どもは土曜日なので、高校生以下入館無料。

2階の特別展示室へ行く。
入口すぐの部屋は、ウルトラマンやウルトラセブン、バルタン星人などのフィギュアやウルトラホークなどの模型。ここのみ写真撮影が可能なのだあ!!!いっしょに記念撮影する。ちゃぶ台の前に座ったメトロン星人といっしょに記念撮影もできる。

次の部屋からは、撮影現場の写真、ウルトラマンや宇宙人・怪獣のデザイン画、実際の撮影に使用された模型やオリジナルに忠実なレプリカ、基地のジオラマ、シナリオなどが続く。バンダイや海洋堂などが制作したフィギュアもた〜くさん展示されていて、圧巻です。
一番子どもが興味を示したのは、ウルトラマンの飛行シーンの撮影装置。動くウルトラマンのミニチュアや、背景の青空と雲が描かれた回転する円筒、雲に見立てた綿を小型カメラが撮影し、その映像が巨大なスクリーンに映し出されている。作ってみたい!!!だってさ。こういう展示もおもしろいよね。

特撮ヒーローものの原点であり、今なお人気を博し、時折新作もお目見えする。映画にもなり、マンガや小説も数多く出されている。
家族連れはもちろん、ご年配の方も結構見学されていた。親子、そしておじいちゃんおばあちゃんも一緒にご覧になるとよいのではないでしょうか。

そうそう、テレビ朝日の“磯山さやかの旬刊!いばらき”の収録があり、11月25日金曜日、午前10時50分から放映されるようです。録画して、見よう!

常設展示で横山大観や菱田春草などの絵を鑑賞し、最後に“漫遊〜”のスタンプを押し、終了。