[戻る]
■ ちょっぴり県外62 国立科学博物館(5)(東京都台東区上野公園) その12011.12.14

訪問日;2011.12.11

やっぱり〜、中途半端はよくないよねえ〜〜〜!!!
スタンプ、あと1個なんだよねえ。
で、「国立科学博物館」、再び行きました。“世界化学年クイズ&スタンプラリー”パーフェクト目指して!

6つ目のスタンプは、企画展“日本化学会「化学遺産認定」紹介”。この日が最終日でした。
日本の板ガラス工業の発祥を示す資料など、全10点がパネル展示されている。
クイズの答えを探し、スタンプを押して、パーフェクト達成!
ところで、“「化学遺産認定」って何?
スタンプラリーの詳細を含め、前回のレポートをご覧下さい。(参照;ちょっぴり県外61

総合案内所でオリジナルタンブラーゲット!
と行きたいところでしたが、このスタンプラリー、結構人気があるらしく、オリジナルタンブラーは品切れ。後日郵送ということになりました。

地球館2階「たんけん広場・身近な科学」で行われる子ども向けの“かはく・たんけん教室”の“静電気ふり子をつくろう!”にも参加した。
土日祝日は対象が小学生から高校生となっているけど、参加者は小学生が多いかな?中学生もチラホラ見かける。大人は参加できないので、窓ガラスにへばり付いて教室内の様子を観察する。
静電気って何?って感じの説明を聴き、子どもたち、静電気ふり子の制作に取り掛かる。ふり子が完成したら、最後に塩ビパイプのようなものを布でこすって静電気を起こし、ふり子の鈴に近づけて鳴らせる。
上手く鈴がなる子もいれば、そうじゃない子もいる。うちの子は今一つ上手くいかなかったみたい。工作物は持ち帰れるので、家で調整したら上手く鳴りました。どうやら静電気の起こし方が足りなかったみたいだなあ!


つづく >>