[戻る]
■ もっともっといばらき リポート334 食と農の科学館(7) その12011. 7.31

訪問日;2011.07.30

食と農の科学館」の夏休み公開だああ!!!不発に終わった先週の「国立環境研究所」と「産総研つくばセンター」の一般公開の分までがんばるぞ〜〜〜!
で、早起きしたお出かけしたよ。

外で受付をし、科学館内に行き、 “つくばちびっ子博士”のスタンプを押す。

先ずは“土であそぼう”のコーナーへ。泥だんご作りと泥絵の具で絵を描くのと2種類体験できる。
泥だんごは好みの色の土を選ぶ。混ぜてもOK。ビニール袋に入れて揉んで軟らかくし、まとめる。ガラス板の上でコロコロ転がし、ツヤを出していく。見本のようなツヤにするには、1週間ぐらい家でコロコロしなければならない。
泥絵は泥の絵の具でウチワに絵を描く。赤、オレンジ、黄色、緑、黒の5色。青系がないけど、いい感じの絵に仕上がる。

“研究成果を食べてみよう”コーナー。“おいしくてたくさんと獲れるコメ 新品種「あきだわら」”と“冷たい焼き芋「ひめあやか」”の試食ができる。以前も食べたことあるけど、もちろん頂く。
「あきだわら」はさっぱりとした感じ。「ひめあやか」も冷たいのにおいしい。焼き芋は冬の食べ物のイメージだけど、夏の冷たい焼き芋がおいしいなんて!紫芋もいっしょに頂いたけど、これはパープルスイートロードっていう品種のかな?


つづく >>