[戻る]
■ もっともっといばらき リポート341 ミュージアムパーク(19) その12011. 8.28

訪問日;2011.08.21

ミュージアムパーク」では第52回企画展“昆虫大冒険 タケルとケイの不思議な旅”が開催されている。

企画展入口のところでは、美しい蝶、メネラウスモルフォが出迎えてくれる。そして、さまざまなモルフォチョウやトノサマバッタ、セミなどの昆虫類の幻想的な壁の間をくぐりぬけ、第1部 さまざまな昆虫へと続く。
続くのですが、ものすご〜く混んでいます。夏休みの日曜日だからか???昆虫ってものすご〜い人気なんだなあ!

さまざまな昆虫というタイトルどおり、チョウ、トンボ、コウチュウ、バッタ、ハチ、・・・色々な種類の昆虫が展示されています。それぞれの仲間ごとに展示されている。とにかくものすごい数の標本です。
この他、外国の昆虫のコーナーもあるし、春夏秋冬それぞれの季節ごとの昆虫のコーナーもある。霞ヶ浦周辺の昆虫のコーナーもあれば、ハナカマキリは生きているのが展示されている。

混雑の原因の一つは、チラシの裏に載っている昆虫クイズ。初級から上級までそれぞれ5問ずつ、計15問あるんだけど、問題が展示の中にあり、その前で大勢の人だかりになってしまっている。答えはチラシの裏の解答蘭に書くんだけど、展示パネルにチラシを乗せて答えを書いている人もいるし、・・・。展示見えないよ!
クイズも初級といいながら結構難しくて、・・・。
クイズは展示のポイントをよく見るためにはとても有効なんだけどねえ・・・。


つづく >>