[戻る]
■ ちょっぴり県外58 千葉県立房総のむら(2)(千葉県栄町) その12011. 9. 2

訪問日;2011.08.28

夏休み最後の日曜日。「千葉県立房総のむら」でた〜くさん体験してきたよ。
まずは商家のエリアから。

@木版 多色摺り(ずり)。
サイトでは5年生以上となっていたが、1年生以上OK。予約が必要だけど、空きありでその場で申し込んだ。
この日の多色摺りは5色。図柄は花火。

黒1色で試し摺り。説明を聴いて2回摺る。文字がずれていなければOK。
すぐに本番。黒、橙色、赤、青、ぼかしの順に摺っていく。
版木にのりをつけ、染料をブラシにとって塗る。紙を載せて馬簾(ばれん)でこする。
これの繰り返し。最後のぼかしは少し手順が違っていて、版木を布で拭いてから行う。

同じ図柄を2枚摺って出来上がり。
木枠のスタンドを購入し、中に入れるといい感じになったねえ。

お店には浮世絵が飾られている。もっともっと色を増やすと、こんなすごいのが出来るんだよね。すごいねえ。
まあ、今回5色だったけど、多色摺りの入門的な体験ができて、子どもたち満足満足でした。


つづく >>