[戻る]
■ もっともっといばらき リポート344 ミュージアムパーク(20) その12011.10. 5

訪問日;2011.10.02

ミュージアムパーク」。特別展は来週から。でも、来てしまいました。初めてです。“第13回ネイチャーウォークラリー大会”に家族で参加したのだあああ!!!
早起きして、お弁当持ってお出かけしたよ。初めてなので勝手が分からず、“ポケット版学研の図鑑”も数冊持ってさ!

約6kmのファミリーコースか約3kmのらくらくコースを選択して往復はがきで申込みをし、参加受付証が返送されてくる。ファミリーコースは8コース、らくらくコースは2コースあり、いずれのコースかがこの参加受付証に記載されている。ファミリーコースの場合、以前参加したコースを記載しておけば、それ以外のコースにしてもらうことも可能。

臨時駐車場に誘導され、いつもは閉鎖されているゲートから芝生広場に入る。手前でジュニア学芸員の子が、参加受付証のチェックをする。
そして、芝生広場に設けられた本部テントに行く。各コースの受付で1人200円の参加料(保険料等)を支払い、ゼッケンやスポンサーのお土産などを受け取る。

開会式が始まり、あいさつや競技の説明などを聴く。
配布されたファミリーコース用のコマ図を見ると、チェックポイントは5箇所。それぞれ2〜3問ずつクイズがある。この他、観察ゾーンというのが3箇所ある。観察ゾーンの問題は、ゴール直前に配布されることになっている。
この2種類のクイズの点数(問題点数)と、ゴールにかかった時間の点数(時間点数)の合計で得点が決まる。
時間点は事前に決められた非公開の「かくしタイム」があり、時間ぴったりのゴールなら満点、早くても遅くても1分につき1点減点される。

第一陣、各コース10組ずつが10時3分に出発する。その後、3分おきに第二陣、第三陣、・・・と出発する。
出発直前に、チェックポイントの問題と解答欄、観察ゾーンの問題の解答欄が記載された用紙を受け取り、出発時刻などを記入して、イザしゅっぱ〜つ!


つづく >>