[戻る]
■ ちょっぴり県外63 “コスモ アースコンシャス アクト”2012. 1.17

訪問日;2012.01.14

辰年最初のリポートは県外からで〜す。
“コスモ アースコンシャス アクト 野口健講演会 in 栃木”に参加する機会を得ました!!!
場所は宇都宮市、県庁南側に位置する栃木県総合文化センター。
12時開場で、受付をする。講演開始まで、野口健さんのDVDが上映されている。

講演の内容はエベレスト登山の話はもちろん、家庭の話、子どもの頃の落ちこぼれの話、エベレストや富士山のゴミ清掃の話、シェルパの村に学校を作る話、などなど、ユーモアを交えながら、熱く語ってくださいました。
恐らく、2時間の予定。
でも、40分超過して終了。後でブログを見たら、最長記録を更新したとのこと。まあ、ちと長いかな!子どもたちも疲れ気味!

講演終了後、サイン入り図書の販売と記念撮影、そして握手〜〜〜!
これはもちろん任意なんだけど、素晴らしいお話を聞かせていただいたので、数冊購入。中にはルビが振ってある子ども向けの本もある。これは新しい教科書にも載っているらしい。
それに富士山のゴミ清掃の話にも興味があり、また学研の“ガクマンプラス”(現在休刊)でシェルパの村に学校を作る話(マナスル基金)を読んでいたこともあり、わずかですが寄付もさせて頂きました。
最後にアンケートを出して、メモパッドをGET。

売名行為だなんだと非難されることも多いようですが、そんなことの為にエベレスト登山できるんでしょうかねえ。下手すりゃ死んじゃうんだよ!少なくとも自分には出来ないことだなあ!だからリスペクト!
握手した手は暖かく、ギュッと握り返す力強さも感じられる。すっご〜いことしている人なのに、全然偉ぶったところがない!

もっと多くの子どもたちに聴いて欲しい講演でした。
講演料は結構なお値段ですが、各市町村の教育委員会で検討して欲しいなあ!
次回、野口健さんには富士山のお掃除で、是非ともお会いしたいものです。