[戻る]
■ もっともっといばらき リポート350 ミュージアムパーク(22)2012. 1.24

訪問日;2012.01.21

去年の暮れ、ヤフートピックスで“高校生が古代象化石発見=専門家「進化解明につながる」−茨城”という記事が掲載された。
なんと、水戸市の男子高校生が常陸大宮市で古代ゾウのステゴロフォドンの頭骨化石を発見したっていう、驚きの記事!「ミュージアムパーク」のジュニア学芸員なんだそうです。すげ〜〜〜〜!

で、その展示をミュージアムパークで見てきました。
頭蓋骨は臼歯、頬骨弓(きょうこつきゅう・ほほ骨)、後頭顆(こうとうか・頸椎がつく部分)が確認できる。それから左右の切歯。
子どもたち、いつかは自分で発見したい!と、野望に燃えていました。