[戻る]
■ もっともっといばらき リポート378 つくばエキスポセンター(15) その12012. 8.22

訪問日;2012.08.07

つくばエキスポセンター」の特別展は“パズル展〜科学する思考に挑戦〜”。
例年通り、“つくばちびっ子博士”パスポート対象者は入館が無料になる。プラネタリウムを見る場合は追加料金の200円でOK。で、子どもたち、プラネタリウムは見ないので、無料です。大人は“漫遊いばらきスタンプラリー”のクーポンで、割引。早速2階に行き、特別展を見る。

ゾーン1 身近なパズル

ジグソーパズルや知恵の輪、ルービックキューブ、テトリス、組木パズルなど。
実物も展示してあって、手にとって遊べる。結構これがはまる。
ルービックキューブ流行ったなあ。解説書を見ながらなら6面揃えられるんだけど(あたりまえ!)、1面しかできませんでした。世界中で速さを競う大会が行われ、2012年5月現在の世界記録は5.66秒だそうです。どんな脳味噌してるんだろう???

ゾーン2 論理パズル&論理ゲーム

詰将棋、詰碁、数独、ハノイの塔、スライドパズル、「レイトン教授シリーズ」など。
こちらも実物やDSなどのゲーム機も用意されていて、遊べます。
ハノイの塔、我が家にもあります。時々タイムトライアルしてます。

ゾーン3 科学的思考入門

見て、動かしてみて、考えて、・・・。
こういった科学的思考を繰り返してパズルは解けるというが、・・・。
いつも行き当たりばったり、適当にやってみて、偶然解ける。そういうのが多いなあ〜〜〜。科学的思考でスパッと解いてみたい〜〜〜。

ゾーン4 科学技術とパズル

たんぱく質は20種類のアミノ酸が鎖状に並んだ分子で、その並び方で膨大な種類がある。この鎖状の分子が折りたたまれていて、折りたたみの形で特有の働きを示す。
たんぱく質の形の謎解き。たんぱく質の形を知ることは、新薬開発などに役立っているそうです。

木組みの技術も紹介されている。
木造建築では1本の木材の長さに限界があるので、木材同士をつなぐ必要が出てくる。木材を同じ方向に継ぎ足す方法を「継手(つぎて)」、角度をつけてつなぐ方法を「仕口(しくち)」という。
金輪継(かなわつぎ)、四方鎌継(しほうかまつぎ)、追掛大栓継(おっかけだいせんつぎ)など、継手の種類はたくさんある。これも実際の継手があって、外したり組んだりできる。
今はプレカット加工といって機械でカットしてしまうことが多いけど、少し前までは大工さんが一つ一つ刻んでいたんだよね。すごい技術だ。こんな複雑なの、どうやるんだあ、って感じ。


パズル、チャレンジすると楽しい。時間がたつのを忘れてしまう。
特別展は夏休みいっぱいです。
ワークシートもあるので、これもチャレンジしてみましょう。


つづく >>