[戻る]
■ もっともっといばらき リポート404 国土地理院 地図と測量の科学館(13)2013. 9. 1

訪問日;2013.08.10

国土地理院 地図と測量の科学館」の企画展は“富士山”です。

2013年6月22日、関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録された。日本の文化遺産としては13件目。自然遺産としての登録はならなかったけど、文化遺産として登録され、日本国内のみならず、世界中から以前にも増して注目を浴びている。

古来より富士山は日本人の信仰や文化に深くかかわってきて、江戸時代の『大日本府県名所一覧』にももちろんその姿が描かれている。
その富士山に関連して、富士山の測量や噴火のことなどが紹介されている。それから富士山ハザードマップもある。
宝永の大噴火以来300年も噴火していない。次はいつか?美しい姿が崩れてしまうのかなあ?噴火の前に、もう一度行っておきたいところです。
ごみ問題などから入山料が検討されているけど、まあ、富士山のためなら入山料が少々高くっても行くよね?<