[戻る]
■ もっともっといばらき リポート69 つくばエキスポセンター2006.10.25

訪問日;2006.10.?

つくばエキスポセンター」はプラネタリウムが新しくなってから始めての訪問。
少し歩くけど、エキスポセンターの駐車場に車を止める。
だって、ここは1日置いといても200円なんだもん。他は時間制。

大人は常陽藝文のクーポンを使って、団体割引。小中学生は「ちびっ子〜」のパスポートで、プラネタリウム券350円が200円に。団体割引でも280円なので、ちょっぴりお得。

ギリギリ、3時からのプラネタリウム上映に間に合った。
番組は一般番組「宇宙からの贈り物」。
話題の冥王星が惑星から外れた話に始まり、秋の星座の話やX線写真で暗黒星雲の後ろ側もわかるようになってきた話などが紹介されていた。

上映が終わり、プラネタリウムを出たら、アンケート実施中。
提出したらプラネタリウムリニューアルオープン記念の携帯拭きもらっちゃいました。

忘れちゃいけない、さっき、プラネタリウムの上映時間が迫っていたので、後回しにした「かがく〜」と「ちびっ子〜」のスタンプを押す。

サイエンスショップでお買い物をしてから1階の展示場へ。
入ってすぐの左側壁面を触ると、手形がつく。温度で色が変わる石になっている。
「しんかい6500」は中でビデオ上映があるけど、予約済みで見られなかった。
科学遊園の「風に負けるな!」を体験したり、「見たい・知りたい・原子力」のコーナーでは核裂を体験したり、子供だけでなく、大人も夢中になって遊べる。

1階の展示室を出て、国立環境研究所の特別展示を見る。
10月のテーマは「化学物質の環境影響、生態系の撹乱」。
化学物質による生態系の撹乱だけでなく、外来生物による生態系の撹乱も紹介されている。
外来種の巨大なザリガニ、こんなのすでに日本に入ってきてるわけ?誰かが飼っていて、いらなくなって捨てちゃうらしいけど。
ほかにも外来種ってたくさん入ってきているのよね。なぜか外来種は強い。それで在来種が減り、漁業などにも大きな影響を及ぼす。霞ヶ浦の漁業もこれで大変なめにあっているんだもんね。
かわいそうだから、自然に帰して生き延びて欲しいって思いで捨てちゃうらしいけど、外来種は生態系を乱すもの、そこの生態系に存在しない、つまり自然じゃないんだって、以前どっかのテレビ番組でやっていた。そして、何よりも怖いのは、外来種が持っている寄生虫などの病気。同じ番組で、屋久島だかどっかで繁殖し始めている外来種のイグアナのお腹の中に、ウォ〜て叫びたくなるくらいの寄生虫がいたよ〜。怖いよ〜。
飼ったら最後まで責任を持たないといけないんだよね。
近年、カブト虫のブームで、ヘラクレスオオカブトやコーカサスオオカブトなどの外来種も人気だけど、逃がしちゃダメだよ、いばらキッズ&ジュニア達!!!
エキスポセンターで環境のお勉強もしちゃいました。

屋外展示場に行き、「ゆるぎ石」を動かす。なんで動くの?
な〜んてやっているうちに、閉館時間となりました。のアナウンス。
しまった、2階の展示室、見てない。
これは次回ということで。つくばを後にしました。

「ちびっ子〜」のスタンプ帳(パスポート)も14欄全部うまったし、これで満足(するのは親だけかも???)。いや、これから感想、書かせなきゃならんのよね。これの方が大変だってか〜?