[戻る]
■ もっともっといばらき リポート80 上高津貝塚ふるさと歴史の広場2006.11. 7

訪問日;2006.10.?

上高津貝塚ふるさと歴史の広場」は「土浦市立博物館」から車で15分程度。

土浦市立博物館同様、常陽藝文のクーポン券で105円が75円に。ここの入館料も安いのね。

入館して、記念スタンプを2種類押し、受付の方にもっていくと、土浦城と上高津貝塚、それぞれの絵はがきをゲット。入館料も安いのに、しかも団体割引なのに、こんなにいただいちゃっていいんですかい???

それから上高津貝塚では「上高津貝塚たんけんビンゴゲーム」に参加。クイズの答えと体験の有無でマス目をうめていく。
まずは体験コーナーから。「復元竪穴住居に入ってみよう」や「箱形石棺を見てみよう」など屋外施設の体験は後ほど、と思い、館内の体験コーナーで体験できるものをやってみる。縄文人の服、編布(あんぎん)を着たり、黒曜石にさわったり、石皿の木の実をつぶす部分をさわったり。やはりうちの子、縄文服を着て、ニヤつく・・・。

館内のクイズは12問。常設展示の中に答えは隠されている。
でも、ずばり答えというわけではなく、ちょっと考えなきゃならない問題も・・・。結構時間がかかった。
常設展は縄文時代のもの、貝塚で発見された貝や黒曜石、縄文人のアクセサリーなどが展示されている。

その後、テーマ展「天の川〜山麓に育まれた古代の文化」を見学。「天の川」って、恋瀬川に合流する川。実在の川なんだ〜!弥生時代から古墳時代、奈良・平安時代にかけてのこの川の流域の遺跡が紹介されている。土器やら埴輪やら瓦やら、その時代時代の焼物の変遷が見られるのでおもしろい。
このテーマ展、11月26日までの開催。

そうこうしているうちに、閉館時間。え〜、ちょっと、外の貝塚、見ていないよ。貝塚見ないんじゃ意味無いじゃん!!!
外の展示は無料だけど、閉館に伴い貝塚の入口も閉鎖されちゃうみたい。残念、次回ってことで。

ビンゴゲームは4列ビンゴで「上高津貝塚絵はがき」と「土浦城絵はがき」、それから「武者塚古墳の絵はがき」の3種類をゲット。「上高津」と「土浦城」はスタンプラリーでも頂いたもの。

「武者塚古墳」は土浦市と合併した旧新治村にある古墳。絵はがきには「全国初みずら出土」と書いてある。で、“みずら”って何?
絵はがきの説明書によれば、“みずら(美豆良)”は頭髪のことで、埴輪や聖徳太子像(幼少期)で見られるあの髪型のことをいう云々。8cmの“みずら(美豆良)”を結うのに40cm以上も必要だったんだってよ。
へえ〜。頭髪自体は出土してるだろうけど、“みずら(美豆良)”という形のままの出土はなかったんだね。絵や埴輪ではわかっていたけど、実物が出て、あっ、ホントにこんな髪型だったのね〜、ってなったわけか。
「武者塚古墳」、近くまで行ったらぜひ、見たいもの。旧新治村のどのあたりにあるのかしら。
ビンゴゲームで、とってもいい絵はがき頂いちゃいました。って感じです。