[戻る]
■ もっともっといばらき リポート8 霞ヶ浦ふれあいランド 水の科学館・道の駅たまつくり2006. 7.18

訪問日;2006.07.?

霞ヶ浦大橋を渡って直ぐの所に、「霞ヶ浦ふれあいランド 水の科学館」がある。シンボルタワーの「たまつくり・虹の塔」が目だってわかりやすい。

ここは同じ敷地内に「道の駅たまつくり」もあるが、真ん中に幅の広い道路があり、レストランや物産販売所のある建物と休憩所が道のあっちとこっちになっている。
休憩所の方に「漫遊空間いばらきスタンプラリー」のスタンプが置いてあった。スタンプ帳も置いてあったので、記念にと13個目のスタンプを押す。

ここのレストランで遅い昼食をとり、「水の科学館」へ。

受付は2階。ここのフロアにも霞ヶ浦周辺の巨大地図。
「漫遊〜」のクーポン券を使って団体割引で入館した。
「かがく〜」のスタンプを押し、やはり記念にと「漫遊〜」の14個目のスタンプも押した。これって、あと1個でBコースねらえるんじゃあ・・・。

中に入ると、水で体重を量る装置や水に関するクイズ、地球と水のシアター、水の流れを観察する実験装置などがあった。

1階に下りると「たんけん潜水艇KASUMI号」や魚の展示。
うちの子は「アルキメデスのポンプ」という発電体験マシーンにチャレンジ。必死に自転車をこぐ。
充電されるとあることが・・・。おっと、これは体験してみてのお楽しみ。

とにかく水をテーマに、遊んで実験して、水のエネルギーや地球上の生命と水とのかかわりなどがよくわかる。

ユニオンランドや・キッズルームといった遊び場もあり、時間があればもっと遊びたいところ。

「水の科学館」の入館券には「たまつくり・虹の塔」の入場券もセットされていて、本来なら地上60メートルの高さから霞ヶ浦の絶景を見渡したい所だが、こちらも入場は「水の科学館」同様4時30分までなので、断念した。
でも、受付のお姉さんに聞いたら、日付は印字してあるけど、後日使えるとのこと。
じゃあ、次回ということで。

外に出て道を隔てた先にある「虹の塔」側に渡ると、親水公園で子ども達が水遊びをしていた。
ウォータースライダーはまだ使えるようにはなっていなかったけど、結構楽しんでいた様子。
シャワーもあるので、キッズは水着と着替え持参でいくと良いかも。

芝生には長〜いすべり台や小さめのすべり台もあるし、午前中は「水の科学館」や「玉のミュージアム(虹の塔の隣の建物?)」で遊び、ここでお弁当を食べ、午後は水浴び&すべり台。
一日中遊べる。

帰り際、「道の駅たまつくり」で「道の駅スタンプラリー」なるものを発見。
スタンプ帳を100円で購入し、「道の駅たまつくり」のスタンプも押した。
でも後でよく読んだら、県内の道の駅は9個しかない。10個以上で抽選に応募できるというのに、どうするんじゃい。県外に行くか???