[戻る]
■ もっともっといばらき リポート22 げんでん東海テラパーク2006. 8.27

訪問日;2006.08.?

東海・日立地区の夏休みスタンプラリー。
まずは「げんでん東海テラパーク」。
常磐道を「日立南大田」ICで降り、国道293号線を日立港方面に向かい、国道245号線にぶつかったら右折。少し南下すると左手に見える。

受付で「かがく大好きスタンプラリー」のスタンプを押してもらった。

それから「東海・日立地区夏休みスタンプラリー」の台紙をもらい、クイズの問題を持って展示ホールへ。

ホールに入ってすぐのところでは「原子力発電の歴史」がパネル表示されている。
レバーをくるくる回すと・・・。
それから最新の安全管理システムや未来の原子炉なども紹介されている。
展示ホール内で常に“ピピピピッ”って音がしてるんだけど、これは宇宙線を感知する装置の音。
目には見えない宇宙線がこの装置をとおると音がするんだって。
ほとんど鳴りっ放し。
ってことは、宇宙線はうじゃうじゃしてるってこと???

スタンプラリーのクイズ2問に答えてから展示ホールを出て、サイエンスプレイランドへ。
ここは自転車をこいで発電するマシーンやフーコーの振り子などがある。
子ども達はここで足をとめて、結構楽しそうに遊んでいる。ほかのお子さん達も。
なぜか地球誕生からの46億年分のカレンダーが壁一面に展示されている。

窓の外ではプール(池???)で遊ぶ子ども達の姿。滝も流れている。
浮き輪持参で、近所のお子さんだろうか。
ジャングルジムとお砂場付すべり台・ブランコもある。
入館も無料な「げんでん東海テラパーク」。
ご近所の子ども達の良き遊び場になっているのね。

原子力シアターは時間の都合上見られなかったけど、次回は見てみたいなあ。

再び受付に戻り、「夏休みスタンプラリー」のクイズの丸付けをしてもらってからスタンプを押した。
展示ホールの展示物をよ〜く見れば、クイズは正解。

テラパークを後に、次なる場所へ。