[戻る]
■ もっともっといばらき リポート50 国土地理院 地図と測量の科学館2006.10. 1

訪問日;2006.09.?

国土地理院 地図と測量の科学館」は、毎年6月3日測量の日の前後に行われる「地図と測量のフェスティバル」で何回か訪問したことがある。
最初に来たのはもう10年以上前になるかな。その頃はまだ科学館は無くて、フェスティバルでは国土地理院の方が一般公開されていたと思うんだけど。
近年では丁度「漫遊空間いばらきスタンプラリー」の時期とも重なるので、科学館には何回か来ている。

フェスティバルのときは「日本地図のパズル」や「つくば市の地図」なども無料でもらえるし、各種イベントも開催されるので、大勢の人でにぎわっている。
さすがに何もイベントがないので、無人に近いだろうと思いきや、それなりに人がポツリポツリと訪れている。

受付で「ちびっ子〜」のスタンプを押し、受付前の階段の下で「かがく〜」のスタンプを押す。

1階のラウンジのフロアには巨大な「日本列島空中散歩マップ」があり、赤・青メガネで見ると、立体的に見えておもしろい。
「地図記号あてクイズ」もパネルになっていて、主だった地図記号を学ぶことができる。

「つくばちびっ子博士 地図記号クイズラリー」をやっていて、参加。
外の地球ひろばに行き、地図を見ながら10個の地図記号を見つけて用紙に書く。それからその地図記号の名前も書く。
それほど時間はかからない。
再び施設の中に入り、係りの人に採点してもらい、ご褒美に「地図記号シール」と「学習資料:地図記号形の起源」というプリントをもらった。
これ、フェスティバルの「日本地図一筆書き」でもらったのと同じ。
結構お気に入り!!!

2階では企画展「地図記号わくわく大図鑑」をやっていて、たくさんの地図記号がパネル展示され、由来や移り変わりなども説明されていた。

常設展は前回見たので、今日はパス。